食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

2つのバッハ像:ライプチヒを歩くvol.3

昨日は、聖トーマス教会の内部、外と バッハ縁の教会を
今日は、J.S バッハに焦点をあて進めて参ります。

聖トーマス教会の
音楽監督(カントル)はトーマスカントルと呼ばれ、シャイン、バッハ、シュトラウベなど著名な人が多く、

バッハはトーマスカントル就任後に毎週、
年間約50曲のカンタータを作曲・演奏するという精力的な活動を
聖トーマス教会のために行なっていました。

マタイ受難曲などもここで初演されたことが分かっています。
また彼の墓があることでも昨日ご紹介していますね。

聖トーマス教会:ライプチヒを歩くvol.2

c0193304_9211947.jpg

バッハ像の裏側:なんと以前の聖トーマス教会の様子が、
c0193304_9223422.jpg

向かいにあるバッハ博物館からバッハ像を臨む、
c0193304_924841.jpg

そしてもう少しここから歩いて行くと、
もうひとつのバッハ像に会えました。
c0193304_9263658.jpg

先にご紹介したバッハ像よりこちらのバッハ像の方が古く、またあまり知られていないようでした。
またこちらのお顔の方が、バッハに近かったとか。。。。
c0193304_9282853.jpg

そしてこちらの像は、あのメンデルスゾーンが建立したという、
最古のバッハ像との事です。
c0193304_930250.jpg


J.Sバッハを改めて知る良い機会でした。
2010年秋には、聖トーマス教会の前にある、バッハ博物館は改装中で残念でしたが、今はもう見学できるでしょうか?

また訪れてみたい「ライプチヒ」です。
まだまだ続くライプチヒ散策どうぞお楽しみに~060.gif

ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2012-02-25 09:37 | 音楽 | Comments(0)