「ほっ」と。キャンペーン

食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ビールのお供

カロリーを気にする方はご覧にならないで下さい(笑)
ビールのお供と言えば!

c0193304_10461185.jpg

こちらとこちら(笑)
餃子と唐揚げは全世界共通的にビールに合いますね!
c0193304_1046472.jpg



そして〆は何と言っても
これ!
c0193304_1048467.jpg


誘惑が多すぎな「食」でした(笑)
ですがたまには思いっきり食べるのもストレス解消にいいかもしれません。


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by junomyu | 2015-02-26 10:53 | ■和食/中華 | Comments(0)
春の気配を感じる2015年2月です。

久しぶりに都路里にお抹茶を飲みにいきました。
嬉しいことにお茶碗が干支の羊、
2015年を感じる新春の生菓子と共に美味しく頂きました。
c0193304_944887.jpg


こちらのお茶碗がとっても可愛いです。
c0193304_9445868.jpg


抹茶の中にビターな味わいが練り込んである
美味しい生羊羹!やわらか&滑らかな味わいがたまりません。
c0193304_9464948.jpg


いつもの東京大丸の都路里でした。


こちらは香港スイーツのカフェ
中国茶がメインのカフェです。ランチで頂きました。
美味しいランチ、この時のデザートは亀ゼリー、黒っぽいので??ですが
とっても美容に良さそうな感じでした(笑)
お茶はライチ茶です。

c0193304_9505933.jpg


海鮮焼きそば:餡がとっても美味しい
お出汁が沢山出てますからね♡
シュウマイもGood!
c0193304_952204.jpg


やはり美味しいカフェは、病み付きになります(笑)


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by junomyu | 2015-02-25 09:54 | ■カフェ | Comments(0)
今年に入って何度目のこちらのお店?!
いつかおうちになってしまうかもしれません(笑)
プシマンテ好きのお友達がまたスパークリングワインのもうと
また前回もいただいたコースで美味しいイタリアン堪能いたしました。

大丸東京店12F のサバテイー二です。
前菜は、きのこのマリネ、ほうれん草のムース、海老のマヨネーズ風
c0193304_14232247.jpg

泡とよく合いとても美味しくいただきました。

天使海老のアメリケーヌソースのパスタ:お出汁が効いてて美味しいです♡
c0193304_14251714.jpg


メインはまたお魚、真鱈のトマトソースです。
c0193304_14271958.jpg


デザートはワゴンから、毎回種類が違うものがあるので
今回はどんなケーキにしようかしら?と悩むのもまた楽しいものですね。
c0193304_14284593.jpg


結局この2つにしました。
c0193304_14291960.jpg

チーズケーキとモカキャラメルムースです。
飲み物はカプチーノで、

今回も美味しくいただきました。


いつもありがとうございます。お店の方々(笑)


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by junomyu | 2015-02-22 14:32 | ■洋食/エスニック | Comments(0)
ウイーンホーフブルク宮教会のウイーン少年合唱団のミサは、
ミサの間に音楽と合唱が演奏されます。


前回の記事は→ウイーン・ホーフブルク宮教会でのミサ vol.1

一通りミサが終わり司祭の面々が退場して行きます。
c0193304_9415357.jpg
c0193304_9412993.jpg

すると天井で歌っていた
ウイーン少年団のメンバーが下界に下りてきて歌ってくれます。

c0193304_9435678.jpg
c0193304_9433842.jpg


そして日曜の朝、ミサの終わりを彼らの家族が待っています。
今日は家族と一緒に過ごす事が出来る団員達です。

日頃は寮で寄宿生活をしています。
団員達は世界各国から集まっています。
もちろん日本からも
素敵な休日になると良いですね。

c0193304_9462616.jpg


ホーフブルク宮周辺
c0193304_9471293.jpg
c0193304_9465365.jpg

観光客を乗せたフィヤカー
馬の背中の位置は結構高いですね。

c0193304_9482741.jpg


アルベルテイーナ教会と美術館
c0193304_950387.jpg


ウイーン少年合唱団の
美しい歌声にとても癒されました。


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by junomyu | 2015-02-21 09:51 | ☆☆オーストリア | Comments(0)
ホーフブルク宮教会でのミサは、
古は、シューベルトより以前から
「天使の歌声」と言われたウイーン少年合唱団が
歌っています。


この教会内部はシンプルですが敬虔なキリスト教の趣そのまま
素晴らしいその佇まいは聖なる響きとともに身も心も現れるようです。


c0193304_2304923.jpg

祭壇に座するキリスト

c0193304_2321561.jpg

この天井でウイーン少年合唱団と宮廷合奏団(ウイーンフィルのメンバーによる)が
歌い演奏します。

当日のプログラム
c0193304_2334389.jpg


ミサが始まると祭壇のロウソクに火が灯されます。
c0193304_234182.jpg


壁の聖徒達
c0193304_2363021.jpg

c0193304_237988.jpg


天井からも見守っています。
c0193304_237536.jpg

c0193304_2384247.jpg


次回は、ミサが無事に終わって
歌声の天使達が下界におりてアンコールの歌を歌ってくれます。

どうぞお楽しみに♪


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by junomyu | 2015-02-16 23:13 | ☆☆オーストリア | Comments(0)
前回からのハイリゲンシュタットでの散策後は
前回の記事は→ ベートーヴェンも住んだウイーン:ハイリゲンシュタット

こちらのホイリゲで皆さんとワイン&お食事をしました。
c0193304_10574630.jpg

美味しそうなスペアリブがありました♡

こちらは→ Heuriger Ing Werner
まずは乾杯!
c0193304_10585713.jpg


好きなものをチョイスします。
特にサラダはとっても新鮮です。
c0193304_1102171.jpg

皆さんと取り分けて美味しく頂きました♪
c0193304_10595934.jpg


夕方からのお食事にはこうして各テーブルロウソクを灯してくれます、
雰囲気満点です♪
c0193304_111915.jpg


c0193304_1123053.jpg

最後はもちろんデザートです。
バニラソースがたまらないMy お気にいりデザート
トッフェンシュツルーデル!


なんだかまた食べたくなってきました(笑)
次回もまた訪れそうです(笑)


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by junomyu | 2015-02-15 11:06 | ☆オーストリア | Comments(0)
ウイーン北部に当たるハイリゲンシュタットはベートーヴェンも住んだ
ぶどう畑があるホイリゲ街、
この地が何故有名かというと
かのベートーヴェンが聴覚が戻らなくなってしまった事に絶望し
1802年弟にあてて遺書
「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いた家があることからきています。

今でも博物館としてのこっている家は
ここハイリゲンシュタットにあります。

c0193304_12404183.jpg


この日遺書の家は閉まってしまいましたが
こちらが遺書のコピーです。
c0193304_12414259.jpg

c0193304_12412890.jpg

この小さな小道添いにその家はあります。

c0193304_1243560.jpg

ベートーヴェンが住んだこの近くに沢山ホイリゲがあります。
この軒先の松の枝は新酒(ワイン)ありの印です。

c0193304_12453295.jpg


せっかくなのでホイリゲでワインとお食事をしました。
c0193304_12462991.jpg



ワインと料理の数々は次回のお楽しみです。


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-02-14 12:50 | ☆☆オーストリア | Comments(0)
秋の天気は変わりやすいのは何処も同じですね。
2014年9月末ウイーンでの音楽旅行時もそんな一日でした。


市庁舎前にはいつも小屋が並び
その時々季節のイベントを行います。
この時期はぶどうからワインへ発酵途中のモーストがあり全種類
白・赤・ロゼを楽しみました。

路面電車で降りた向かいがウイーン市庁舎です。
c0193304_12441665.jpg


c0193304_1245205.jpg


早速モースト頂きました(笑)
c0193304_1246436.jpg



路面電車以前は山手線のように
2つの路線が一回りしていましたが
今はこの観光用の黄色電車がリンクを一回りしています。
c0193304_12475633.jpg


あまり画像がよくありませんが
ウイーンでも有名なカフェ・ラントマン
日本では青山にありますね。

c0193304_12483280.jpg


2014年音楽の旅【オーストリア」】はまだまだ続きます。
どうぞお楽しみに

ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-02-13 12:53 | ☆☆オーストリア | Comments(0)
本日は、ウイーン・ベレデヴェーレ宮殿のパート2
1回目は、→ウイーンベルヴェデーレ宮殿vol.12014/9:音楽旅行にて
をどうぞ、

内部の美しさは既に天井から
まるで絵画のような天井を見上げるたびに
この国の古の優雅な繁栄を感じずにはいられません。

c0193304_99633.jpg


c0193304_995669.jpg


c0193304_911294.jpg


c0193304_8515683.jpg


ヨーロッパのお城に行ったら必ず天井を見上げてみるべきですね(笑)


こちら絵画館は撮影が禁止のため
お庭を激写!

c0193304_9132950.jpg


c0193304_915182.jpg

こちらの像の胸を触って願い事をすると叶うんだとか?!


c0193304_916958.jpg

併設するカフェの外席は、この時は天候が悪かったので残念ながら閉まっていました。


池のある庭に行く時も素敵な門がありました。
c0193304_9184550.jpg

門だけ激写しても絵になるお城です。


門をくぐり池に映る美しいベレデヴェーレ宮殿
c0193304_9193660.jpg


美しい鏡のベレデヴェーレ宮殿を最後に
こちらのシリーズは終わります。


次回は、また違うウイーンの場所からアップして参ります。
どうぞお楽しみに♪


ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-02-12 08:52 | ☆☆オーストリア | Comments(0)
ウイーン・ベレヴェデーレ宮殿には何度行ったか分からないくらい行っています。
ですが毎回新しい発見があるのは不思議です。


「クリムト」の作品が多く展示されているBelvedere Wien は、オーストリア絵画館とベレデヴェーレ宮殿と
2つの顔を持っています。
もともとは、ハプスブルク家に仕えた、
プリンツ・オイゲンが当時の代表的な建築家ヨハン・ルーカス・フォン・ヒルデプラントに夏の離宮として造らせたものです。


その後ハプスブルク家のマリア・テレジアに売却され現在はオーストリア絵画館になっており、
宮殿の構内には、作曲家ブルックナーも住んだと言われています。


c0193304_22482166.jpg

路面電車を降りると道沿いに入り口の門があります。
(もちろん門はここだけではありませんが)

c0193304_22503916.jpg

建物はバロック建築

広大な庭が広がります
c0193304_22512128.jpg


c0193304_2252393.jpg

建物の中に入ると後の主となる「マリア・テレジア」の像があります。

内装の柱一つも彫刻が素晴らしいです。
c0193304_22525739.jpg


壁は白、ろうそくの炎が映えるようにでしょうか?
ろうそくが置かれる街灯もとても重厚で威厳があります。
c0193304_22534479.jpg


c0193304_22561856.jpg


c0193304_2323774.jpg

宮殿内から見たシンメトリー(左右対称)な庭が圧巻です。
遠くシュテファン寺院やウイーンの街を一望する事が出来ます。


まだベレデヴェーレ宮殿は続きます。
どうぞお楽しみに♪

ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-02-09 23:03 | ☆☆オーストリア | Comments(0)