食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ライプチヒを歩くvol.7

ライプチヒシリーズもだんだんと佳境に入って参りました。

今日は、シューマンの家に向かう途中にあった、
様々な風景を楽しんで行こうと思います。
こちらの教会、
c0193304_014404.jpg

実は、
東ドイツ時代末期の1989年に「月曜デモ」と呼ばれる反体制運動が起き、
旧東ドイツにおける民主化運動の拠点となった、ライプチヒでしたが、

この教会から、あのベルリンの壁崩壊へと。
民衆は、西側の国境へと傾れて行ったのだそうです。

c0193304_0192857.jpg


ドイツ統一後は、様々な企業が進出している<ここ・ライプチヒ>でもあります。

c0193304_0205382.jpg


最近ではポルシェ社やBMWが工場を建設し、話題になっているようです。

c0193304_0222332.jpg


街中にもかかわらず、自然豊かな ある意味<毒されてない>ありのままの姿を
いまだ残している風景です。

豊かな緑の公園を歩いていると、
R、ワーグナーの銅像が何気に建っていました。

c0193304_0244325.jpg


ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー
(Wilhelm Richard Wagner 発音例 ,
1813年5月22日 ライプツィヒ - 1883年2月13日 ヴェネツィア)は、
歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者です。

ロマン派歌劇の頂点として「歌劇王」の別名で知られますが、
ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、
音楽界だけでなく

19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした
中心的文化人の一人でもあります。

ライプチヒに生まれ、
1831年、18歳の時にライプツィヒ大学に入学、
哲学や音楽を学び、

翌年1832年、交響曲第1番ハ長調を完成、
時を同じくして、最初の歌劇『婚礼』を作曲、

1833年にヴュルツブルク市立歌劇場の合唱指揮者となりました。

その後指揮者に飽き足らず歌劇作曲家を目指したが芽が出ず、貧困と借金に苦しみますが
パリへと逃飛行するも貧困生活は続き、
またドイツへと舞戻るのです。。。。。。

続きはまた後日、

次回の<ライプチヒを歩く>は、いよいよ
シューマンの家に参ります。

どうぞお楽しみに~emoticon-0159-music.gif


ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
ありがとうございます~♪
[PR]
by junomyu | 2012-02-29 00:37 | ヨーロッパの風景 | Comments(0)
ライプチヒ旧市庁舎前の広場を通り、

街なかをを散策するのは、とても楽しいです~♪
c0193304_03458.jpg
とても立派な建物だったので、
激写! 以前は銀行だったところ とか。。。
宮殿のようです。

c0193304_055572.jpg
ゲーテ像です。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家、
ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、
叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した、
有名な文豪です。

ゲーテは、ここライプツィヒへ、
1765年、ゲーテは16歳にして故郷を離れライプツィヒ大学の法学部に入学することになります。

これは法学を学ばせて息子を出世させたいという父親の意向であり、
ゲーテ自身はゲッティンゲンで文学研究をしたかったと回顧しています。

ゲーテは「フォイアークーゲル」という名の大きな家に二間続きの部屋を借りて、
最新のロココ調の服を着て都会風の生活をし、法学の勉強には身が入らなかったようす、
この時期、ゲーテは通っていたレストランの娘で2、3歳年上の
アンナ・カトリーナ・シェーンコプフ(愛称ケートヒェン)に恋をし、
『アネッテ』という詩集を編んでいます。
しかし都会的で洗練された彼女へのゲーテの嫉妬が彼女を苦しめることになり、
この恋愛は破局に終わったようでした。

c0193304_0161097.jpg


ここライプツィヒのゲーテ像の側面には、2人の女性が刻まれています。
一人は妻、
もう一人は彼につくした女性ということです。

c0193304_0164371.jpg


後世に2人の女性をわざわざ自分の像に刻印させる
というのも<ドイツ的>ともいえますね。
またゲーテだからできたのでしょうか?!

c0193304_019553.jpg

この建物の屋根が、そして風見鶏がとてもユニークで印象的だったので、
こちらも激写!1階は<カフェ>でした。
是非入ってお茶したい そんな<カフェ>でした。

c0193304_0215055.jpg

旧ニコライ学校
1階はレストランとアンティークのお店のようでした。。

ライプチヒ散策まだまだ続きます~emoticon-0159-music.gif

ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
ありがとうございます~♪
[PR]
by junomyu | 2012-02-28 00:27 | ヨーロッパの風景 | Comments(0)

ライプチヒを歩くvol.5

メンデルスゾーンの像から、

ゆっくりと市内散策をしていきましょう~♪

c0193304_0383748.jpg
聖トーマス教会の裏側を眺めながら、ステンドグラスを外から見ると大きな窓と言った感じですね。
c0193304_0401133.jpg


c0193304_0412199.jpg
あまりにも黄金!
なので激写・・・一昔前は、商業都市だったため<金融業>が多かったことを強調しているようです。

c0193304_0451170.jpg
ライプチヒ旧市庁舎です。
c0193304_047593.jpg
塔が印象的です。

ライプツィヒは、見本市によって発展した商業の都市です。

本の都市としても発展し、15世紀末までは、
外国の印刷業者や書籍商により印刷物が持ち込まれていましたが、
1481年、ライプツィヒでも本が印刷されるようになりました。

1530年までに、1300種類もの本が出版され、
1594年からは、本の見本市のカタログまで出版されるようになり、
1650年には、世界初の日刊紙がライプツィヒで登場することになります。

次々と新しい印刷所と出版社が生まれ、ライプツィヒは今日に至っても有名な書籍の街です。
岩波文庫を作る際に手本にしたとされるレクラム文庫や、
世界で最初の音楽出版社ブライトコプフもここで生まれました

ライプチヒ散策はまだまだ続きます。


ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2012-02-27 00:52 | ヨーロッパの風景 | Comments(0)
ライプチヒの聖トーマス教会のバッハ像から
最古のバッハ像へ向かい、さらに先を市庁舎に向かう途中には、
バッハ像からほど遠くない場所に、
メンデルスゾーンの像があります。
c0193304_0393373.jpg
こちらの像を建てたのがメンデルスゾーン、
c0193304_0402391.jpg
像の裏側には、楽器をもつ女性の彫刻があります。
緑豊かな静かな佇まいの像を後にすると、
c0193304_0425699.jpg
メンデルスゾーンの
新しい光り輝く像があります。
c0193304_0442340.jpg

正面には竪琴をもった女性、周りには音楽のミューズか<天使>たちが
メンデルスゾーンを囲み、まるで彼を守っているかのように見えます。
c0193304_0475374.jpg


フェリックス・メンデルスゾーン(ヤコプ・ルートヴィヒ・フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ、Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 ハンブルク - 1847年11月4日 ライプツィヒ)は、ドイツロマン派の作曲家、指揮者です。
ここライプチヒで没しているように、バッハとの縁は特に深いのです。

1823年(14歳) 大バッハのマタイ受難曲の写筆スコアを母方の祖母よりクリスマス・プレゼントとして贈られてから、
1829年(20歳) 3月11日、自らの監督により、マタイ受難曲の公開演奏を作曲者の死後初めて行っています。
この功績は、後世に残る偉業といえましょう。

1835年(26歳) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者となってからは、
作曲とピアノの教授にはロベルト・シューマンが招聘された、
1843年(34歳) 自ら奔走して設立資金を集め、ライプツィヒ音楽院を開校し、院長となったのです。

mendelssohn-Haus Leipzig
では、メンデルスゾーン博物館の様子を紹介しています。

c0193304_0585464.jpg


フェリックス・メンデルスゾーンはこちらをどうぞ~♪


ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2012-02-26 01:02 | 音楽 | Comments(0)
昨日は、聖トーマス教会の内部、外と バッハ縁の教会を
今日は、J.S バッハに焦点をあて進めて参ります。

聖トーマス教会の
音楽監督(カントル)はトーマスカントルと呼ばれ、シャイン、バッハ、シュトラウベなど著名な人が多く、

バッハはトーマスカントル就任後に毎週、
年間約50曲のカンタータを作曲・演奏するという精力的な活動を
聖トーマス教会のために行なっていました。

マタイ受難曲などもここで初演されたことが分かっています。
また彼の墓があることでも昨日ご紹介していますね。

聖トーマス教会:ライプチヒを歩くvol.2

c0193304_9211947.jpg

バッハ像の裏側:なんと以前の聖トーマス教会の様子が、
c0193304_9223422.jpg

向かいにあるバッハ博物館からバッハ像を臨む、
c0193304_924841.jpg

そしてもう少しここから歩いて行くと、
もうひとつのバッハ像に会えました。
c0193304_9263658.jpg

先にご紹介したバッハ像よりこちらのバッハ像の方が古く、またあまり知られていないようでした。
またこちらのお顔の方が、バッハに近かったとか。。。。
c0193304_9282853.jpg

そしてこちらの像は、あのメンデルスゾーンが建立したという、
最古のバッハ像との事です。
c0193304_930250.jpg


J.Sバッハを改めて知る良い機会でした。
2010年秋には、聖トーマス教会の前にある、バッハ博物館は改装中で残念でしたが、今はもう見学できるでしょうか?

また訪れてみたい「ライプチヒ」です。
まだまだ続くライプチヒ散策どうぞお楽しみに~emoticon-0159-music.gif

ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2012-02-25 09:37 | 音楽 | Comments(0)
ライプツィヒの散策では、ライプチヒ駅から
アウグストゥス広場を通り、聖トーマス教会へと向かいました。
c0193304_824270.jpg
聖トーマス教会(Thomaskirche)は、ドイツライプツィヒに所在するルーテル派の教会で
12世紀から原型となる教会が存在しましたが、現在の建物は1496年に献堂式が行われました。
バッハゆかりの教会だけあり、J・S バッハの像が迎えてくれます。
c0193304_851612.jpg
アーチ型の内部へと進みます。
c0193304_861147.jpg
金色に輝く祭壇、
c0193304_873664.jpg
バッハも弾いたであろうパイプオルガン
c0193304_89114.jpg
荘厳なまでに、美しく輝く内部を、ステンドグラスが引き立てます。
c0193304_8115574.jpg

教会内には、バッハのお墓もあります。
c0193304_8124040.jpg


聖トーマス教会は、まだ続きます。
次回をお楽しみに~emoticon-0159-music.gif

ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2012-02-24 08:14 | ヨーロッパの風景 | Comments(0)

ライプチヒを歩くvol.1

2010年の音楽旅行は、<ウィーン・ドイツ(ドレスデン&ライプチヒ)>の旅でした。
既にドレスデンを歩くは、こちらのブログでもご紹介済みです。


ドレスデンを歩く vol.1


ドレスデンを歩く vol.2


ドレスデンを歩く vol.3


ドレスデンを歩く vol.4


今日から、まだアップしていなかった<ライプチヒ>の散策をアップして参ります。

ライプツィヒ(ドイツ語: Leipzig(ヘルプ / リンク))は、
ザクセン州に属するドイツの都市で、
人口は約51万9千人(2009年12月現在)、ザクセン州では
州都ドレスデンをやや上回って最大の都市、
旧東ドイツ地域ではベルリンについで2番目です。

ライプチヒとも表記され、
ベルリンの壁崩壊、ひいては東西両ドイツの統一の端緒となった住民運動の発祥地でもあります。

まずIECでライプチヒ駅に到着ご向かったのは、ゲバントハウスとオペラ座が位置する町の中心になる、
広場:
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が本拠地とし、1835年、メンデルスゾーンがゲヴァントハウス・カペルマイスター(楽長)になりメンデルスゾーンがこの地にとどまったのは、有名です。
c0193304_14115343.jpg

<ゲバントハウス>入口
c0193304_14123528.jpg

内部の天井の絵とガラスに相対して向かいの<オペラハウス>が映っているのがご覧になれますか?!
c0193304_141433.jpg

<アウグストゥス広場中にある、塔と噴水>
c0193304_1416616.jpg

繊細な彫刻とお花がとっても美しいです。
c0193304_14172116.jpg

オペラ座が見えます~♪
そしてこれから、バッハ縁の聖トーマス教会へと歩いて移動致します。。

次回をお楽しみに~emoticon-0159-music.gif

ここで、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の特徴を、
世界で唯一、楽員全員が、「シンフォニー」「オペラ」「宗教曲」、
3つのジャンルすべてを日常的に演奏しているオーケストラで、
すなわち、本拠地ゲヴァントハウスでのシンフォーニー・オーケストラ、ライプツィヒ歌劇場でのオペラ・オーケストラ、聖トーマス教会での毎週末のミサ演奏、
これら3つの仕事を、19世紀から変わることなく行っています。
これは、楽員が3グループに分かれているわけではなく、
全員がローテーションを組むことで成っている(ライプツィヒ歌劇場、聖トーマス教会ともに専属オーケストラは持たない)ということです。


ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2012-02-23 14:25 | ヨーロッパの風景 | Comments(0)
2012年2月15日、バレンタインディーも終わり、諸雑多なことも一段落した この日、
福井からの ブログ繋がりの T氏と友人のM子さんで 伝説のレストラン カシータ<青山>で1月から始まった、シェアランチを戴きました。。

極上のサービスと美味しいお料理で酔いしれる<素敵なランチ>となりました。。

ランチメニューです。
  ↓<素敵なメニュー>
c0193304_10502356.jpg

サラダは、カシータサラダをチョイス、<パンもふわふわ>
c0193304_10514249.jpg

前菜を2種チョイス、
c0193304_10525197.jpg



フォアグラのテリーヌ イチゴのコンフィチュール ブリオッシュ添
c0193304_10542615.jpg


小海老とマンゴー ズワイガニとカマンベールの生春巻
c0193304_10554787.jpg



本日のお魚料<伊勢海老のペンネ>
c0193304_1057159.jpg



子羊のクスクス モロッコ風
c0193304_10584287.jpg


そしてデザートは、場所を移してお外で、
青山鍋焼きプリンと紅茶:
c0193304_1103869.jpg
c0193304_111177.jpg
極上の空間とサービスは、
感動のパフォーマンスを生み出しますね!

シェアスタイルランチメニュー

Casita
カシータ
東京都渋谷区神宮前5丁目51-8
ラ・ポルト青山 3階
TEL:03-5485-7353
FAX:03-5485-7354

Casita Lounge
カシータラウンジ
ラ・ポルト青山 B1
TEL:03-5774-5608
FAX:03-5774-5609
[PR]
by junomyu | 2012-02-16 11:04 | Restaurant in Japan | Comments(0)