食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

mendelssohn-Haus Leipzig

先月の「音楽ツアー」の旅では、 ドレスデン→ライプツィヒまでICEで約1時間の小旅行散策を致しました。

ライプツィヒでは、「バッハの活躍した トーマス教会」「ゲヴァントハウス」や ゲーテ、ニーチェ、森鴎外等が学んでいます。
中世から商業・金融の街として発展しています。

【ライプツィヒ】の街の名前は、7世紀ここに村を作ったゾルプ人の言葉「リプツィ(菩提樹)」に由来するそうです。

1409年には、ハイデルベルク、ケルンに次いでドイツ3番目に古い大学が創立されました。
17世紀、印刷、出版が盛んになり、第2次世界大戦前までは、ドイツ出版物の半数がここ【ライプツィヒ】で印刷されていたそうです。

偉大な音楽家の痕跡も多く、バッハを始め 「シューマン」「リスト」「ワーグナー」と名作曲家がこの地で活躍していました。
今日はその中の一人、「メンデルスゾーン」の家を訪ねてみましょう~emoticon-0159-music.gif

c0193304_17493375.jpg
メンデルスゾーンの家にある「ピアノ」です。
指揮者として活躍した「ゲバントハウス」の近くに「メンデルスゾーン」の家はあります。ここで作曲し 音楽活動をしたメンデルスゾーンですが、この家で亡くなっています。この家は再演されたものです。
c0193304_17551785.jpg
「彼の手」
c0193304_17572092.jpg
<衣装と楽譜>
c0193304_1758445.jpg
デスマスクと頭髪です。
c0193304_17593921.jpg
メンデルスゾーンの胸像
さらにMoreに続きます。

More
[PR]
by junomyu | 2009-11-11 18:14 | 音楽 | Comments(0)