「ほっ」と。キャンペーン

食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

カテゴリ:グラーツ( 9 )

本日は、城跡散策の第2回目

過去記事オーストリア・グラーツは
→ グラーツ2014/9
をご覧ください。

前回の催し物会場の全体はこのような感じ、
c0193304_2045932.jpg

結構賑わっているようです。
そして夜も中々ロマンテックのようです。
収容人数もかなり多いようです。
c0193304_2062062.jpg

グラーツは、オーストリア文化都市宣言をしているので、
芸術・文化の催しがいたるところで開催されます。

c0193304_2074927.jpg

別サイドからの眺めがまた素晴らしい。
c0193304_2082670.jpg


c0193304_2084569.jpg

塔の屋根がまた趣があります。
やっとたどり着けました(笑)
c0193304_2093083.jpg


Kepler Linde
c0193304_2014578.jpg


時計塔と鐘楼の間に命名された菩提樹の根元にKepler Lindeの名が刻まれた石があります。
ロシアの宇宙産業にとても尽力した人らしいのですが、
時代の波にのまれ、ここオーストリア・グラーツでも活躍したようです。
菩提樹の大きさが、その歴史を感じさせますね。
c0193304_2018424.jpg



ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2016-01-04 20:20 | グラーツ | Comments(0)
昨年からのオーストリア・グラーツへでの散策が途中でした。
過去記事オーストリア・グラーツは
→ グラーツ2014/9
をご覧ください。


さていよいよお城跡へと行ってみました。
c0193304_14461136.jpg

ケーブルカーで登ります。ガラス張りでとても眺めが良いです。
c0193304_14482224.jpg

登り切るととても眺めが良いのです。
c0193304_14501056.jpg

グラーツの市内を一望できます。

c0193304_14513133.jpg

c0193304_14504274.jpg

向かいの山々が実際はもっと美しく見えます。

c0193304_14523584.jpg

下から眺めていた塔を発見、更にもう少し登ります。

c0193304_14533781.jpg

先ほど乗ったケーブルカーの歴史を説明しています。
何度か改修されているのですね。かなり歴史が古いようです。

c0193304_14552475.jpg

今は劇場になっているこちら
c0193304_14561222.jpg

昔は収容所になっていたようで、今では観劇やコンサートの催しが行われています。
c0193304_14571543.jpg


まだまだこちらの城跡散策は続きます。

ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2016-01-03 14:58 | グラーツ | Comments(0)

グラーツ街歩き⑥2014/9

オーストリア・グラーツの街歩きも6回目になりました。
早く塔のあるお城跡に登ろうと思っていましたが
寄り道が楽しくつい色々なお店や建物に入ってしまいます。

c0193304_217760.jpg

グループの中にテイーセレモニーの講師の方がいらっしゃいまして
素敵な銀のお店をみつけ、ついつい中を見学してしまいました。


素晴らしい銀製品の数々です。
c0193304_2183991.jpg


c0193304_2191279.jpg

お値段も中々素敵です(笑)

c0193304_2195483.jpg

こちらは、確か紅茶をしまっておく箱だったような
当時は茶葉は高価で大切なものだったとかで、鍵をかけて管理していたとか。。

c0193304_21112346.jpg

これこそが正しく銀のテイーサーバーです。素晴らしいお品です。


銀製品のお店を堪能した後
やっと塔に向かってGo---!
c0193304_21124965.jpg

こちらのケーブルカーで登りはいきます。
帰りは徒歩にしました。

c0193304_21135520.jpg


やっといけますね!
c0193304_21141967.jpg


ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-12-11 21:16 | グラーツ | Comments(0)

グラーツ街歩き⑤

2014年9月に音楽旅行した時に訪れた街
グラーツの街歩き5回目です。

グラーツ初回から4回までは
こちら→ グラーツ街歩き4まで


c0193304_1458376.jpg

こちらの塔を目指していますが、まだまだ市内を散策していきます。

c0193304_14585213.jpg

荘厳な建物、教会のようです?!


c0193304_14594345.jpg

マリア・テレジアの名のもと、コインの製造所だったところです。
門構えが立派でした。特に門上の彫刻
王冠の形をしています。
c0193304_1515886.jpg


c0193304_1523452.jpg

素晴らしい石の彫刻


c0193304_15357.jpg

こちらは彫金細工の看板です。

先ほどのコイン製造所の表札になります。
c0193304_1534129.jpg


建物の裏手に見えるお城の塔、ここへ行くのですが、
c0193304_1545615.jpg



まだまだ寄り道は続きます。


ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-12-08 15:08 | グラーツ | Comments(0)

グラーツ街歩き④2014/9

前回に引き続き
グラーツの街を散策しています。

グラーツ街歩き③2014/9

c0193304_15174371.jpg

こちらの塔を目指して歩いていましたが
ちょっとまた寄り道してみました。

当時では珍しいイタリア公邸だったところの中へ入ることができました。
c0193304_15185966.jpg

この天井の壁画が素晴らしいのです。

c0193304_15193747.jpg

こちらも

このような回廊の邸宅になっています。
c0193304_1520446.jpg


金色の貝の飾りが「イタリア」を象徴しているのだそうです。
c0193304_15203990.jpg


c0193304_15212842.jpg

廊下の天井も一枚一枚の絵が素晴らしいです。


床の石、当時のものだそうです。
c0193304_1522828.jpg

さすがイタリア的デザインですね♪

c0193304_15233563.jpg

これは、暖房機を目隠しするための金属の箱
おしゃれです!


これ天井の装飾というかなんといったら良いのか
c0193304_15245578.jpg

ともかくおしゃれで素敵です。センスがいいのです。


c0193304_15263141.jpg

外の柵の彫刻です。こちらも貝がデザインされています。

それでは、こちらの邸宅を後にして
あの、塔目指して散策は続きます。
c0193304_15274214.jpg



ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-11-17 15:30 | グラーツ | Comments(0)

グラーツ街歩き③2014/9

市庁舎前広場から、路面電車にのり
っとちょっとその雨に世界一大きなアメジストと言われる宝石を拝んで
c0193304_16364468.jpg


そして建物は、どなたか有名な方がお住まいだったようです。
c0193304_16374020.jpg

ここから路面電車でGo---

c0193304_16382496.jpg

→ フランツ・フェルディナント
1863年、オーストリア皇帝フェルディナント1世の甥であったカール・ルートヴィヒ大公と両シチリア王フェルディナンド2世の長女マリア・アンヌンツィアータの長男としてグラーツで生まれた。
フランツ・フェルナンドが生まれたというより
住んだ家のようで、サラエボでなくなった旨の表記があります。
まさにここは邸宅だった様子です。
中は見ることができませんでした。
c0193304_16412356.jpg

そして何と言ってもこの門の戸って
c0193304_16424087.jpg

素晴らしいですね。

なんとこちらの石は馬があまりにも足で蹴るために少なくなった柱を
石で補給したもの(ビックリ)
c0193304_1644162.jpg

フェルナンドを偲び

そしてあの塔を目指してまた歩き始めます。
c0193304_164517100.jpg


ですがまだまだ寄り道ばかり(笑)
楽しい徒歩歩きグラーツです。

ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-11-15 16:48 | グラーツ | Comments(0)

グラーツ街歩き②2014/9

オーストリア・グラーツ街歩きの第2回目

第1回目は
グラーツ街歩き①2014/9

市庁舎前広場には像を囲むように中世の街並みが美しく佇んでいます。
c0193304_12282367.jpg


c0193304_12293769.jpg


c0193304_123057.jpg



c0193304_12303313.jpg



もちろん修復されてますが、美しい古を堪能できますね。
c0193304_12312939.jpg



※グラーツ:
オーストリアの人口第2の都市で、シュタイアーマルク州の州都。人口は約25万人。郡に属さない憲章都市(Statutarstadt)であるが、グラーツ=ウムゲーブング郡の郡庁が置かれている。
1999年に街の中心部がグラーツ市歴史地区として世界遺産に登録された(2010年に拡大登録)。2003年の欧州文化首都。


ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-11-04 12:38 | グラーツ | Comments(0)

グラーツ街歩き①2014/9

秋も深まりヨーロッパの街も美しい日差しが輝きます。
オーストリア・グラーツの街歩きの始まりです。


中央駅から出発!
c0193304_9213413.jpg

グラーツ中央駅と書いてあります。
c0193304_9221589.jpg



市電に乗って
c0193304_9225898.jpg

着いたのは市庁舎前広場です。
この像の方は、グラーツをとてつもなく富に導いたお方だそうです。
c0193304_9233517.jpg


c0193304_92430100.jpg

中世の街グラーツは、当時を偲ばせる建物を美しく改修しています。


c0193304_9254164.jpg

グラーツ市庁舎

c0193304_926968.jpg



c0193304_9262788.jpg


グラーツ街歩きまだまだ続きます。



ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-11-01 09:28 | グラーツ | Comments(0)
列車の旅は本当に楽しい、
美しい車窓からの眺めは、国によって様々です。
グラーツへはウイーンからIECで3時間弱、外を眺めていると瞬く間に到着してしまいました。

美しい山々に感動しながら、
c0193304_10591934.jpg


c0193304_110124.jpg


c0193304_110298.jpg

車内では、もっぱらおしゃべりをしたり
軽いテータイムを楽しんだり
カメラっ子に早変わり


到着したグラーツ駅
前来たときとは大違い!すっごく近代的かつ芸術的に生まれ変わっていました。
c0193304_1121595.jpg


発着も見やすい!
c0193304_1124866.jpg

ともかく明るいグラーツ駅に変身していました。
c0193304_1132528.jpg


ホテルは、トレンドヨーロッパにしました。駅から近いので
歩いて1分は次の日の電車移動に最適です。

c0193304_1142491.jpg

ホテルの隣のレストラン・カフェで昼食
ともて美味しかったです。

まずは乾杯
c0193304_1152316.jpg



グラーツの旅まだまだ続きます。

ランキングに参加しておりますご協力ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by junomyu | 2015-10-23 11:07 | グラーツ | Comments(0)