食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

2017年 04月 16日 ( 1 )

カフェの文化は、音楽で言えば
J.Sバッハの時代から、その名を轟かせているものです。
(コーヒーカンタータは当時の世俗音楽の代表とも言える・・)


特にウイーンは、ハプルブルグ家のお抱えコンデトライもあるくらい
有名老舗カフェが名を連ねます。


ですがその周辺でも
素敵なカフェ文化は息づいているものです。
何気ない街のパン屋さん、カフェ、駅のパン屋さんでのカフェ
そこで目にするものは、器にまで手を抜かない
その根底にある心意気と流儀
日本のコンビニエントな世界とは一線を画するものを感じるのは私だけではないはず


c0193304_20120878.jpg
コーヒーもケーキも新鮮で美味しい
こちらのカフェオリジナルのカップ&ソーサー

c0193304_20121836.jpg

マリアヒルファー通りのカフェで
紅茶をオーダー、テーパックにも関わらず素敵で可愛いテーカップとポット


c0193304_20122585.jpg
Baden bei Wienの駅構内にあるパン屋さんのカフェで
しっかりとしたお皿、そしてカップ(カフェオレグラス)テーカップ&ポット
そしてお皿とお揃いのエスプレッソ:カップ&ソーサー


隙間時間の慌ただしい食事にも器に和む、ホッとするひと時
心の余裕ってこんなこだわりに現れるものです。


何気ないひと時を大切に日々、感じながら生きたいものです。
非日常も日常化すれば、人生の美学も自ずと生まれるものですね。


今日もステキな憩いに感謝!
美味しく頂きありがとう♪



ランキングに参加しております。一日一回のクリックご協力に感謝致します。

人気ブログランキングへ 




[PR]
by junomyu | 2017-04-16 20:57 | **カフェ | Comments(0)