「ほっ」と。キャンペーン

食とヨーロッパの風景

junomyu.exblog.jp

訪れたレストラン・主にヨーロッパの風景を撮りためた写真を中心に日常を織り交ぜながらアップ致します

ブログトップ

シューマン博物館①:ライプチヒを歩くvol.7

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann,
1810年6月8日 - 1856年7月29日)はドイツの作曲家、音楽評論家,
ロマン派音楽を代表する,名ピアニスト、

クララ・シューマン(Clara Josephine Schumann,
旧姓ヴィーク Wieck)は妻であることは、とても有名です。

ここライプチヒにある<シューマン博物館>は、
結婚して間もない二人が、とても幸せに過ごした4年間の家だった、
と言われています。

c0193304_0505041.jpg
今では、普通に一般の人たちが暮らしている住まいの一角に、
シューマン夫妻が住んだ家は、あります。

c0193304_0522184.jpg
日本でいう2階に
その博物館はあります。

c0193304_0534433.jpg

内部は、様々な展示と
c0193304_0545114.jpg

コンサートも開催しているサロンや、
c0193304_0563711.jpg

現在残されている貴重な<レコード>等の展示がなされています。

シューマンは、ドイツ、ザクセン王国のツヴィッカウに生まれ、
5人兄弟の末っ子でした。

父は出版業者で、著作も行っており、シューマンはそのような環境の中で、
早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作を試み、豊かな才能を示していたのです。

息子の音楽の才能を認めていた父は1826年に亡くなり、
安定した生活を願う母の希望で法学を学ぶことになり、
1828年にライプツィヒ大学に入学しました。

しかし、シューマンは音楽家への夢を捨てることができず、
1830年に高名なピアノ教師、フリードリヒ・ヴィークのもとに弟子入りし、
ピアノの練習に励みました。<のちの妻、クララの父のもと、ピアノを学んでいたことになります)

同年、シューマンの作品『アベッグ変奏曲』作品1が初めて出版され、
<アベック ABEGG> はクララをさすものと言われ、最初の曲は、
クララのためのものと思われます。。。

1831年には改めて正式に作曲も学び始め、ハインリッヒ・ドルンに師事しましたが、
過度のピアノの練習により手を痛めたため、ピアノの演奏を諦めなくてはならなくなり、
音楽評論家、作曲家として生計を立てる決意をしたと言われています。

(近年の研究では、ヴィークらの証言する「手を痛めた」点は疑問視されており、薬指関節部分の腫瘍が元で指が動かなくなったことが直接の原因であると見られています)。

シューマン博物館は、まだまだ続きます~emoticon-0159-music.gif

ランキングに参加しました、応援クリックお願い致します~♪

人気ブログランキングへ
ありがとうございます~♪
[PR]
by junomyu | 2012-03-01 01:07 | 音楽 | Comments(0)